choverica!

絵や日常をカオス風味で。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

すごく懐かしい…!地獄先生ぬ~べ~ THE OVA

レンタルしたDVDの一つ、地獄先生ぬ~べ~ THE OVA。
んもー輝山の青春ですよ!(何歳からが青春なのかは個々の判断に任せるとして)
あの頃は輝山の学校も花子さんやらムラサキババァやらで盛り上がったものです。

ただ、女子はもっぱら怖がる役で、怖いのを通り越して怒ることはあっても
話に食いつく奴はまれだったのを覚えてる。輝山、可愛げが皆無。
Xファ○ルなんて子供の見るものじゃない!なんて言われてたし…。
ただ、同番組好きな母にそんな規制は無く、見放題。
クラスで唯一見てた男子とは宇宙人の侵略に対する自宅防御策について語り合ったものです。
今思えばロケラン(ロケットランチャーね)なんてどう入手するんだろねw


てことでDVD、中身は
「地獄先生ぬ~べ~ 決戦!陽神の術vs壁男」
アニメで初めて見た陽神…!大人置鮎、ショタ置鮎が一粒で二度おいしい的な。
そして小五とは思えない”広と郷子の公式カップルっぷり”はなんでしょう…こっちが恥ずかしいですの。
陽神に思いっきし嫉妬な広なんだけど、三角関係構図がお前らホントに小学生ですの?と。
合理的に考えるならさっさと陽神が最初に正体を明かしちゃえばよかったんですの。
でも広×郷子好きにとってはこの甘酸っぱいのがたまらないですの!

「地獄先生ぬ~べ~ なぞなぞ七不思議・ブキミちゃん」
なぞなぞなんてもんじゃなかった。ブキミで済むレベルじゃなかった。
なんせちゃんと覚えないと魂引き裂かれるってんだから穏やかじゃない。
怖いんだけど結局は”広と郷子の公式夫婦っぷり”に帰結するのです。
くそぅ、バカなんだけど広がやっぱりカッコイイんだぜ…。

「地獄先生ぬ~べ~ 史上最大の激戦!絶鬼来襲!!」
ここで一気に映像の質が向上する。やたらキレイ。
おかげで最初の宿直室ぬ~べ~は絶鬼とは違うイミで襲いたくなるのですが←
そんでやたらキャラが集合しちゃってすごい。いずな姉ちゃんカワエェ。
玉藻がなんだか金髪でした。wikiによるとこっちが原作準拠なのね。へぇ。
でなに、いずな×玉藻がアリなんですか。おぉ。
ゆきめちゃんが相変わらず愛らしい。ぬ~べ~のパンツがまたラブっぷり全開でイイ。
ゆきめちゃんマジ天使。リツコ先生が歯噛みするのが痛快でたまらない。
へへーん!ぬ~べ~は既にゆきめラブなんだからね、えっへん!

史上最大の激戦!とか言いつつなんだかんだでギャグ満載でした。
美奈子先生まであんな扱いにしていいのか…少年漫画だからいいのかハァハァ。
…絶鬼は結局ただのブラコン鬼ってことでおk?(ブラコン鬼て…ww
なんか覇鬼がとても愛すべき萌え鬼なのではと思えてきた。
スポンサーサイト

| つれづれ(なんでもあり) | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼気迫る表情に全俺涙…ゴッドハンド輝55巻。

やばい、やばいぜ今回のゴッ輝は…いままでのゴッ輝観を覆すぜ…。
icon
icon
【前巻】ゴッドハンド輝54巻記事。

ども。50巻超えてから毎巻購入時にしみじみする輝山です。
約10年、400話以上の歴史…それがあるからこそ今巻のゴッ輝は涙腺に来る。

ゴッ輝は熱血少年漫画であると同時に私を非常に泣かせます。
いや、良質の熱血は鑑賞者を泣かすものなのです!理由も無くね!
四瑛会編終了後の新章はもう終章と言ってもいいくらい内容が濃い。
山本先生もそういう意識をしてるんだろうか…。
いやいや!新刊コーナー、ゴッ輝の隣にはクッキン○パパ112巻があった。
まだ半分以下だぜゴッ輝。(←量の問題ではないが
まだずっとテルでハァハァしたいのです!テル先生可愛いよテルてんてー…´∀`

てことで、追記で感想をば。初めて画像を入れてみたのだが携帯なんでご愛敬。
ネタバレ&長文覚悟でどうぞ。

≫ Read More

| ゴッ輝(KC版) | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

主人公の影がどんどん薄くなる。 紅kure-nai 6巻。

【前巻】紅kure-nai5巻記事。

ここ2日、本屋に行ってまた空振りになるのが怖くて行けなかった。
3日発売で7日になってもどこの本屋にも並んでいなかった悲しみ、俺は忘れないぜ…!
なんだろう、限定版買わなかった私への世界的な嫌がらせとしか思えなかったw
でもOVAはツッコミどこ満載なので買いません。顔はともかく設定がTV寄りじゃなぁ…´д`
icon
icon
てことでどうも、「竜士兄様」でググると意外と上位に名前が載った輝山です。(なぜググった
紫ちゃんの敵は私の敵だけど、兄様擁護文は結構書けそうな気がする。私ヤバいな。

っと、その男は既に終わった話だった。
今紫ちゃんにドツボなのは紅真九郎くんと言うヘタレな高校生だから!
今回もそりゃあなかなかにヘタレてくれて…ない!?Σ(◦д◦
意外にマトモだと!?いかんせん漫画版は鬱分が薄いってのに!!
…だんだん漫画版の独自解釈が進んでいる気がするぜ。

そして紫ちゃんの可愛さもどんどん進化してる。お見せできないのが残念!
目次前にある浴衣紫ちゃんで10分はハァハァしました´д`
いいんだどんなキャラ解釈だろうと紫ちゃんが可愛ければ←
ただ残念ながら漫画は切彦押しらしく…、
そしてあの人も…かなり可愛かった。
ヤバい、紅女性キャラはみんな真九郎を狙っているぞ!ライバルだらけだぞ!
もっと頑張って萌えっぷりを見せるんだわたs…もとい、真九郎に!

今巻はレッドキャップ編完結、閑話休題、ギロチン編突入。

てことでネタバレ注意で追記。原作ギロチン編も読んでるのでちょっと先バレ。
かなりの真九郎×紫贔屓なのも注意で。

P.S.相棒9-7と色気アポロ絵に拍手ありがとうございます!

≫ Read More

| 紅・電波的な彼女(小説・漫画) | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |