choverica!

絵や日常をカオス風味で。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京極夏彦原作 志水アキ「狂骨の夢」 2巻

icon
icon
【前巻感想】京極夏彦原作 志水アキ「狂骨の夢 1」「百器徒然袋 鳴釜

<あらすじ>
小説家の関口巽は、大御所作家、宇多川崇から自身の妻についての相談を受ける。
その頃警視庁捜査一課の木場修太郎は、双子山の集団自殺事件を追っていた――。

まぁ原作は読んでるので、ひたすら志水先生の絵による具現化に感心する作業です。

と、言うことで。
前巻はほぼ教会コンビでお送りした狂骨も今回はレギュラーメンバーが出てきました。
まず目を見開くべきは京極堂の白装束姿!!!
あぁ…黒衣も良いですが白い神官姿も素敵です…!はなぢはなぢ…。
おぉう久保竣さん、葬式中なのにすみません^^;

あとはひたすらうろたえる関口君が可愛くて仕方ない。
大御所作家に会ってうろたえる関口君。
その作家に相談を持ちかけられうろたえる関口君。
その相談内容にうろたえる関口君。
その解決法に榎木津の名前を出されてうろたえる関口君…。
可愛いです。可愛いとしか言いようがない。
スポンサーサイト

| マンガ | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

藤崎竜「屍鬼」11巻(終)まで。

icon
icon

終わりましたね。原作読んでるんで結末はわかってたのです。
ただ、漫画の方が村人の狂気っぷりにより注目してた気がします。
原作準拠だけど、原作そのままじゃない描き方にハマるかハマらないか、
藤崎先生の絵にハマるかハマらないかが、漫画屍鬼を読む上でのポイントになるかと。
私の場合、原作で大まかな流れは覚えてるけど細かいとこはさっぱり忘れてるので
こんなもんだったっけー、的な感じで読めました←

ストーリーに関しては大体原作と同じ感想なんで割愛して。
最終巻、表紙のとおり静信の堕ちてからの逞しさが素晴らしい。強いな若御院!
てのと、尾崎先生は最後どうなったんだろう…てのが特筆すべき感想ですかね。
尾崎派としてはもっと彼に注目してくれていいのよ、という…。
もう少し村人のその後が細かく知りたかったなぁ。
でも、原作の空しさや哀しさがちゃんと残ってていい漫画でした。


P.S.通行止め絵に拍手ありがとうございました!あんなすごく古い絵に…恥ずかしい///

| マンガ | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩原裕二「DARKER THAN BLACK-漆黒の花-」4巻。

icon
icon

【前巻感想】DARKER THAN BLACK-漆黒の花- 3巻。

終わってしまった…!!
・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
もうDTB作品を網羅してしまったと思うと悲しい…!

ダーカーシリーズのラストピースと銘打たれてましたが、ここから黒(ヘイ)と銀(イン)の
いわゆる”愛の逃避行”が始まるわけですね!愛の逃避行!(しつこい)
いやだってあの外伝の新婚夫婦っぷりはガチでしょう…!
アニメDTB1期から、あんだけのガチっぷりをどうやって確立したのかが
この、DTB漆黒の花で垣間見れるわけです!てか見れた!

契約者やらゲートやらの複雑で細かい設定はフィーリングで感じて、
ただひたすら黒×銀に萌えたらいいのだ!
…いや、天斎監督も巻末で言っていた通り、アニメにはない”アツい黒やその他キャラクター”、
”映画や動画を見ているようなアクションシーン描写”も見所です。

以下、ネタバレ必至で追記。

≫ Read More

| マンガ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT