choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紅kure-nai 4巻。

さんざん悩んだあげくやっぱり買ってしまった~♪やりくりなんてどーでもいいんだZE☆
現実から当てのない逃亡の旅に出るぜ!ww
とはいえ電波的な彼女のDVD付は流石に無理だったけどね^^;


『あらすじ』
最高顧問<<孤人要塞>>星噛絶奈率いる善悪の区別なく仕事を受ける「悪宇商会」。
そこに在籍する殺し屋、裏十三家・<<斬島>>切彦。
そして<<崩月>>とも関係あるらしい謎の男――。
真九郎は切彦の正体を知らずに出会い交流を深めていく。
切彦も紫などのトモダチができ、楽しい時を過ごすのだが、その中で真九郎の戦鬼としての存在に悪宇商会が目をつけてしまう…。



表紙見たらわかるように(ちょっと画像引っ張ってこれなかったけど;)今回は切彦が初登場。
初セリフが「わたし…(自重)です」って…うわーすごいコきちゃったよ。
てことでギロチン編スタート。原作小説と中身が結構違うとか言う話…と聞くとそっちも欲し…(ry
図書館、電波だけじゃなく紅も置かないかなぁ…。

あ、"切彦"だけど女です。女ということは案の定真九郎に惚れてしまうんだぜ。
路地裏で既に「気持ちは嬉しいのですが…」ですよ!

ったく、真九郎は真正のフラグ男だねぇ…。
モミジ的旗男レベルでは上条ちゃんを抜いて孤高のレベル6だと思うよ…ww

でもでも、本妻はやっぱり断然紫ちゃんだと思うわけですよ!(熱
学校迎えに行ったり、その道中でゲーセンに付き合ってあげたり(毎日通える資金力は流石九鳳院!)、プールに銀子たちを誘ったのも紫ちゃんが喜ぶと思ったからこそなんだぜ!
すっかり紫中心に回る生活…うふふっ´▽`

紫ちゃんが海外任務に赴く事になった真九郎に言ったあのセリフ!
な…7歳にしてなんて出来た奥さんなんだ…!!
連れてけ!とか言うかと思ったのになんですかあの良妻ぶり!!キュンときたよぉ…///

結婚式も喜びつつもあの大人っぷり!(てゆーか騎馬さん好きだったのに…。蓮丈さんまでハーレム化の手伝い)
リンをポコッ!っとやるコマが私のお気に。
あぁもうかわえぇ!もう紫は俺の嫁。
というか五月雨荘、空室ありません?あの模擬夫婦を環目線で見ていたいww

今回もプールに結婚式にと、コスプレ要素には事欠かない紫ちゃん。
真九郎もタキシードに上半身に私服にと見飽きないですがね~。
今巻から4コマがたくさん出てきてポスターもだけど見ごたえある内容でしたぁ…=∀=

読後カバー取って見るのもお忘れなきよう。
関連記事
スポンサーサイト

| 紅・電波的な彼女(小説・漫画) | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/116-8beceef9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT