choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真藤順丈「東京ヴァンパイア・ファイナンス」

iconicon

真夜中に出没し、超低金利で高額融資をする“090金融”ヴァンパイア・ファイナンスを営む“万城小夜”。今夜も獲物=融資客を求めて蠢く。
送りオオカミをめざす“ひのけん”。
性転換手術をしようとしている“美佐季”。
振り込め詐欺グループに復讐を目論む“「やえざくらの会」の老人たち”。
ドラッグ・デザイナーを辞めたがっている“しずか”。
都会のアンダーグラウンドで息する彼らは小夜に出会い、融資をうけるかわりに自身の問題に首を突っ込まれるが…。債務者それぞれ衝動や欲望をフルスロットルにし、ひしめきあって無限に増殖する狂騒のハードスケジュール群像劇。



私のケータイには"機会があったら読みたい本リスト"が存在するのだが、駅前図書館にその該当本があった。
ただ、どんな理由でこの本をリストに入れたのか…^^;
紹介した雑誌に何か私の琴線に触れる因子があったはずなのだが…八重歯に惹かれたのか?

とにもかくにも、コミックもライトノベルも普通に公費で買いそろえてくれる我が街の図書館に限りない感動と感謝を覚えつつ借りる。久々入ったんでホントに興奮したwww
自治体がこんなにオタク化を推奨しているとは…!!(違;


感想。
一言で言うと"痛快"。
お金って人間だけが使うモノなんだよなぁ…と当たり前のことを思う。

そこにまとわりつく様々な事情が、アングラで怪しくて、でもなんだか共感するとこもあって。
そんな事情を聞いてポーンと大金を融資しちゃう小夜。しかも超低金利。
絶対裏がある。怪しい。でも借りちゃう。
そしてやはり一筋縄ではいかない現実にぶち当たる。
低俗で粗野な小夜にガンガン首を突っ込まれながら皆は大願を成就できるのか!?

皆の欲望が真夏の熱帯夜と混じってすごく暑苦しく、面白かった。
そして小夜の正体、ヴァンパイア・ファイナンスの意味も最後わかってさっぱり気持ちいい読後感だった。
"東京"って冠が付くだけでなんでこう暗く怪しく雑多なものが混在出来るのか…他の地名と説得力が全然違うよね。
関連記事
スポンサーサイト

| 小説・ラノベ | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/189-f95a2a4c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT