choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漫画・魍魎の匣4巻。

iconiconついに京極堂、動く。カッコイイなぁ、この表紙絵!
カバー取ると同構図で榎木津なんだけど、やっぱ京極堂の迫力には負ける。

【裏表紙あらすじ】
昭和二十七年、日本を震撼させた武蔵野連続バラバラ殺人事件。
被害者たちの共通点を見出した作家の関口巽、雑誌記者の鳥口守彦、探偵榎木津礼二郎たちは事件を調査し、真実へと辿り着く。
そして物語に終わりをもたらす黒衣の男が、魍魎の憑き物落としを始めるのだった――。



…最初からっちゃ最初からなんだけど、リアルです。
血…というよりグロイのダメな人は開かないでね!と今回はハッキリ注意しとかなきゃなクオリティ。

原作読んでるのに(だいぶ忘れてるとこもあるが)中盤くらいでギャーーーーーッッ!!
忠実に描くとそうなるのな…。


御筥様叩き。京極堂の語り口は見事です。
私の性質なのかもしれないけど、文章で描かれるより漫画の方が京極堂の話がよくわかった…気がする;
いずれも詭弁なんだから真正面から理解すべき話でもないのかもしれないけど。
あっという間に初対面の男を自分の世界に巻き込んでしまう力、存在感は圧倒的。

何も知らされずに御筥様の前に座らされた関口君の動揺っぷりが小動物のようで萌えた。
ダメだ、私どんどこマダオ萌えになってってる気がする…^^;

そして久保竣は本当に気味が悪い!
馬鹿と話したら馬鹿になるって、お前が一番馬鹿だよぅ!なんで妄信するかなぁ…。
人間心理の利己主義的ご都合主義というか…人間て怖いよね。

大島警部初登場。陰キャラながら結構男前(性格がね)なナイスミドルだと私は思っている。
漫画もやはりいい上司って感じでした。
そして一番吹いたところが青木のパジャマwwwあれは絶対狙ってだよね?w

いざ箱館へ!飛ばす車、風圧に晒される関口君が可愛いと思えるのは私だけか?
先陣を切って乗り込む木場修。彼の一番の見せ場だと思う。カッコイイ!

さぁ、役者が揃ってきたところでクライマックスが幕を開けましたよ。
とりあえず加菜子の出生から死の真相まで。
結末知ってるくせに続きが早く読みたくて仕方ないです…´∀`


P.S.紅小説版記事に拍手ありがとうございます!追記でお返事を。


>小説4巻まで読んだ方
いいですね小説も!全部読んだとは…うらやましい!
漫画のネタバレがいやなんでまだ続きは買えそうにないです…。
漫画版に興味がおありならジャンプSQを立読みしてみることをオススメいたしますよ☆
オリジナルストーリーも入ってたりしますし、山本先生の絵に萌えますw
関連記事
スポンサーサイト

| マンガ | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/192-55fff8c7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT