choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

飛浩隆「ラギッド・ガール 廃園の天使Ⅱ」

廃園の天使シリーズ2作目。
1作目「グラン・ヴァカンス」はこちら

今回は前作を踏まえた中編集形式。前日譚が5話入ってます。
三部作という事だけど続きがまだ出てないようなので、三部目が出たらすぐ思いだせるよう今回は本当にメモ。

1話・夏の硝視体(グラス・アイ)
<夏の区界>、ジュリーとジョゼがメイン。
硝視体の育て方、前作ですごい力を発揮した視体<コットン・テイル>の誕生。
前作で深く語られなかった二人の出会いと交流の話。…切ないというか、痛い。そして愛しい。
区界の南仏バカンスな世界観とすごく合ってるんですよ…。
そしてやはり二人は特別なAIだと言う事を示唆。

2話・ラギッド・ガール
初めて物理世界側から描かれた話。安奈←阿雅砂/キャリバン→阿形渓、的な。
前作の舞台<夏の区界>はじめ、多くの区界を持つ仮想空間<数値海岸>の誕生。
直感像的全身感覚…異能力者モノは結構観たりするけどこんな能力初耳!
確かに科学的に解明できれば数値海岸になりそうな気がする…。
ただ私の脳味噌で付いていけたのはここまで。

3話・クローゼット
数値海岸開業後の物理世界。謎の死を遂げるカイル。
それで示唆される海岸への恐怖の存在。…ジョゼの心の傷に繋がるもの?
主人公ガウリが数値海岸のツール開発者なのだが、まぁ小難しい!
私の頭が文字を意味のあるものとして認識してくれなかったので、結構雰囲気読みです。

4話・魔述師
"術"ではなく"述"だと気付いたのは後半になってから。
海岸世界の裏側にあるコードを操る、という事なのかな?
そして<大途絶>の真相。…AI達にとって幸せなのはどっちなのだろう…?
砂になるゲスト達がなんとも空恐ろしい、悲しい気分になりました。

5話・蜘蛛(ちちゅう)の王
前作の悪役(?)ランゴーニの誕生話。
ここは相当な戦闘シーンが結構あって、勢いに乗ってガンガン読めました。
父である"彼女"は誰なのだろうか。あ、物理世界の一人物なのかどうかもわからないのか。うーん。
そして自覚のないランゴーニや父が他にもいるのだろうか。
ウーゴは何を目的に動いているのだろうか。
疑問や興味が湧くのですが…以下続編です。早く出ないかなぁ…。


ネットって裏にはすごく複雑な仕組みがあったりするけど、わかんなくてもやればすごく面白い。
このシリーズもそんな感じ。雰囲気、空気感が素晴らしいので全然苦にならずに読めました。
でも理論がわかればもっと面白いんだろなぁ… ><
関連記事
スポンサーサイト

| 小説・ラノベ | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/230-ea17646e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT