choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【漫画】魍魎の匣5巻。

遂に完結!もう志水アキの京極は読めないのか…がっくり。
と思ったらオビ、「狂骨の夢」連載スタートだそうで。
うわーい!またこのメンツが見れるんだねー!!
てゆーかウブメは華麗にスルーですかそうですか。好きなんだけどなぁ。
…で狂骨どんな話だったっけ……´д`;

私のなんでもすぐ忘れる癖ホント困る!!
だからこそこうやってブログに書いとかねば!となるんだけど。


icon
icon

最初のカラーページ数枚ですでにノックアウトされました。
集合絵、改めて具現化力の高さに感動。関口君のあの顔と言い姿勢と言い関口マジ関口。
カメラに隠れてるのは須崎…?
メイン4人立ち絵、京極堂にあんな上から目線もらったら確実に下僕モード突入します私。

てことであとはネタバレ注意で追記で。あー原作読み返したくなってきたなー。


今回はオール箱館ロケでお送りしております。
あの無機質ながらも得体のしれない若干の気味悪さ?いい舞台だよね。

加菜子の誘拐事件の真相がわかるにつれて、各人が混乱していく様子!
箱館の正体がわかった時のあの狼狽っぷり。
「僕は久保になってしまいそうだ」のページがナイス。
あそこの関口君のアップは効きました。

須崎と雨宮@焼却炉。
…私も匣の少女が欲しい…!と思う。
あの時の雨宮さんの僥倖具合は察するに余りあると。そして電車での久保竣の衝撃度もね。
この絵、破壊力抜群の美しさなんですよもう…!!狂うね。
現実にあり得ない美しさが目の前にある、となったら当然欲しい。
あそこで雨宮を襲わなかった久保竣はすごいというか何というか。

そして美馬作父子…。
過去の陽子さんがまた若くて綺麗なこと。綺麗だから尚更恐ろしい。
「賢くもないけど無欲な訳では…」の顔!あれが本質なのかと思うと…女って怖い。
あそこで応えちゃうお父さんもどうかなーと思う。
応えるなら年上なりに対処が必要だよねーあのまま研究へってなんだか逃げ。

でも彼のマッドサイエンティストっぷりは素晴らしい。
京極堂との対決はすごい迫力なのだが、これ考え出すと魍魎になりそう。
現代の脳死問題とかとセットに思考したらもうすごいことに。
結局は個人の見解に任せるところになるのかな。実証しようがない気が。
機械の意識ってなんだろうね…?

というか父は本当に陽子を愛していたのかね?
矢ッ張り研究至上主義の域を出なかった気がする…。
結局陽子もそれに乗っかっただけな気も…死んだ時のあのあっさりさはそういう事なのでは。

後日談、笑う京極堂って不自然ww
いさま屋!!ww
そして真っ黒い干物…になるのか?腐らないのか?
多少なりとも内臓が脳があったのでは?あれは腕か…?
関連記事
スポンサーサイト

| マンガ | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/335-5212647b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT