choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鬼気迫る表情に全俺涙…ゴッドハンド輝55巻。

やばい、やばいぜ今回のゴッ輝は…いままでのゴッ輝観を覆すぜ…。
icon
icon
【前巻】ゴッドハンド輝54巻記事。

ども。50巻超えてから毎巻購入時にしみじみする輝山です。
約10年、400話以上の歴史…それがあるからこそ今巻のゴッ輝は涙腺に来る。

ゴッ輝は熱血少年漫画であると同時に私を非常に泣かせます。
いや、良質の熱血は鑑賞者を泣かすものなのです!理由も無くね!
四瑛会編終了後の新章はもう終章と言ってもいいくらい内容が濃い。
山本先生もそういう意識をしてるんだろうか…。
いやいや!新刊コーナー、ゴッ輝の隣にはクッキン○パパ112巻があった。
まだ半分以下だぜゴッ輝。(←量の問題ではないが
まだずっとテルでハァハァしたいのです!テル先生可愛いよテルてんてー…´∀`

てことで、追記で感想をば。初めて画像を入れてみたのだが携帯なんでご愛敬。
ネタバレ&長文覚悟でどうぞ。



417話「見てはならぬもの」
最初のページから既にシリアスな雰囲気…大概手形露出時はシリアスですよね。
前巻がアレだったのでごくりと唾を飲み込んでから覚悟して読み始めます。

やっぱり…やっぱり気にしてるよテルーーー!!ΣTдT
うわぁぁぁ!元気印のテル先生が落ち込むとかうわぁぁぁぁぁ!
いや、四瑛会編とか朱鷺子さんの危篤時にも落ち込んだり悩んだりしましたよ?
でも、今回は”主人公テル(いつも前向き元気印)が成長しながら患者さんを治していく”
と言うゴッ輝の基本概念が覆される事態!

あぁ…落ち込んだ時はカラ元気なんだね…元気印だけにネガティブが苦手なのは百も承知。
それゆえに見ていられない…。
手術スタイルにまで影響が出るとか初めてじゃないの!?

418話「彼方からの叫び」419話「闇から見えたモノ」
みなとくん血管輪手術。
こんな状態で心臓手術とか大丈夫なのか!?そっかテルは気付いてないのか…おぉ…。
自身の知らないうちに病んでいってるのに子供と触れ合うテルが切なくてしょうがない。
そしてテルの脳裏によぎる「ママァ…」は何ですか!!
まさか思いだす実母の記憶なのか!?

そして手術中、問題発生時に「ママァ…」に呼応するように手形が光る!
命を救う手とか…今まで描かれた”手形が光るシーン”でこんな具体的な表現がされたのは初めてではないか!?
あぁ手形マジ手形。テルの窮地が酷ければ酷いほどより具体的で的確なアドバイス。
そんなナイスなセカンドベストがあるなら助手達が早く提案すべき。

成功してもみなとくんに付き添うテル先生。
前もあったよね、夜眠る患者の赤ちゃんに付き添いながら物思いにふけること。
まさに医者な悩みスタイル。綾乃ちゃんが声かけてもカラ元気出すんだろうなぁ…。

420話「友として」421話「外科医失格」
おぉ四宮…友よ…!北見&院長に説明するあの言い回しがとてもイイです。
そして腹腔鏡手術、今は単孔式があるのかフムフム。きっと皇マネーですね。

緊張感が重く漂うオペ室内。キイイインですよ視線が。効果音が。
あんだけ眉間にシワ寄せちゃって…。
そして「ママァ…」は天下航空機事故のあの子のだった!!実母の記憶じゃなかった!!
(考えてみれば光介さんは「父さん」だから母親がママなはずが無い)
やっぱり思い出してたか…医者じゃないにしろ、目の前で人の死を経験してはいるのだよ神矢先生。
しかも子供の時だし、かなりのトラウマだよ?これがテルの最古の明瞭な記憶なんだよ?
過酷じゃねぇか…ホント、神矢迂闊すぎた。

20分のオペで消耗しまくりのテル…心配から食ってかかる四宮…ロッカールーム熱い。
それだけ信頼されていると思ってたんだよね四宮的には。なのに一人でドツボなテルに憤るという。
どことなく流れるBL臭…青春ですね。ロッカールームアツい。
そして絶妙なタイミングで北見…!
そしてテルのカミングアウト…怖いとかそんな…こんな動揺するテル見たことない…。
なんかもうその後の元気姿ももう切なくてしょうがないよ、カラ元気すぎて…!
それでも神矢をかばうとかどんだけイイ男!

「誰にも…言えない…!!
父さん…オレは今生きてることが…生命が…怖いんだ」

生きてることが怖いとか…!生命礼賛のゴッ輝がマジか!!鬱だぜ…。

422話「抑えきれない衝動」423話「ヴァルハラのチームワーク」
手術ローテから外されたテルに緊急呼び出し。四宮なりの荒療治なのかもしれぬ。
またどことなく流れるBL臭…自分を奮い立たせるのに悲壮な覚悟を感じる…。

腹部大動脈瘤の患者が運び込まれてからのスピード感ある描写!
そして…動脈瘤、破裂!
131~141P、泣きました。
Image076.jpg
もうテルの鬼気迫る表情がもう…っ!殺気すら感じるというかなんか、もう…っ!!
鬱っててもとっさに患者の腹かっさばいてこれですよ。手で血管を掴むっ!!
生命を救うってコレなんだ…っ!とね…うん、説明ムズイ。とにかくうるうる。

手術も無事終了、なんか初期の手術を彷彿とさせましたね…
あの時は絶対的な実力不足でだったけど、今回は実力を上回る超絶的なプレッシャー。
同じ消耗でもこんなに違うんだと、ゴッ輝の歴史を感じる次第。
そして変わらない北見ちゃんの飴鞭イズムw

424話「過去が眠る場所」
神矢先生の公然謝罪はなんだ…あれだと逆にかばわなきゃいけないシチュじゃない?
どうしても穿った見方をしてしまうな…。
綾乃ちゃんはテルをどっかに誘い出そうと思ってたんじゃ…?
テル綾主義者には、テルを心配して仕事終わりを外で待ってたとか…違うかな。
世話焼きな綾乃ちゃん的に、今のテルは見ていられないと思う。

迫路山…このタイトルから想像はしたけどやはりですか…。
新幹線マニアならこの絵でどこ地方かわかるんでしょうか…ぜひ教えてほしいが。

院長とテル。なんか疑似父子っぽくていいですねぇ。テルも無防備な感じが。
山に登ってついにパンドラの箱が開くのか…!?
次回は3カ月後…くーーーー!焦らすねぇ!

その他
ポン:蓮先生の釣りネタ引きずるね…新たな趣味に。ここだけで見れる桧山先生に萌え。
 頭上にペットロボいいよね…可愛い。片岡頭は確かに肌だww
クイズ:全問正解!うっしゃー!だんだん記憶が鮮明になってきた。
関連記事
スポンサーサイト

| ゴッ輝(KC版) | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/432-1928c5a4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT