choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クロエにとってミサキとは…? 高野真之「BLOOD ALONE」7巻。

【5・6巻感想】高野真之「(電撃版)BLOOD ALONE」5・6巻。 相変わらず甘々でステキ。

icon
icon

前回まで古本で集めてたのをこの度、遅ればせながら遂に新書で買った7巻。
高野先生に印税を入れて、イブニング編集部にも人気の程を教えておかなければなりません。
だって、ここからは講談社版でのみ読める話ってことで、
電撃版から移ってきた身にとってはある意味大事な巻かもで。
それにBA(ブラッドアローン)の連載・展開スピードってすっごくゆっくりなんだもの!
ゆっくりやってるうちに途中で打ち切りになったら悔しいもの!
最後までこの二人のストレンジラブストーリーを見届けたいものー!!><

…と、どうも。勝手に必死になってる輝山です。
てことで、電撃版を6巻まで買ってた方は講談社版7巻からどうぞ。
(わからなくて高野先生のHP調べた…)

* * * * * * * * * *

吸血鬼少女ミサキと、作家で探偵で魔法使いで武術に秀でたチート能力保持者(w)のクロエとの、良くある日常だったりちょっと危なかったりするいつもの共同生活…が。

「兄妹でもなければ親子でもない 
それなのにこうして一緒に生活をして――それでも恋人じゃないって言うのか!?」


というなんとも衝撃的なテーマから始まった今回のBA。
イブニングで突然読み始めた人には、二人の関係というものを意識させるために良いテーマかと。
でも何が衝撃的って、今までそれこそ兄のように父のように、ミサキと暮らしてきたクロエさんがその問いに少なからず揺らいでいるっていうこと。ただの庇護の対象だけに留まらない感情が何かしらあるってこと…。
ってこたぁ何だ、ミサキにはまだチャンスが残されているということか?
クロエさんの恋愛感情はモトエさんにまだ向いているとばかり思っていたが!
おぉそれは朗報だ!都知事には通報だ!かかってこいよ石原、クロエさんはチートだぜェ!

…っと!忘れるところだった。
サブヒロイン・サイノメ女史も出てきます。怪奇事件もちゃんと起こります。
ただ基本はクロエさんとミサキちゃんのダダ甘日常話だけどな!


以下、ネタバレ注意で追記に。





意外な来訪者

狩猟者・ジェシーの弟、ジョニー登場。
最初こそ久々の再会に喜ぶクロエさんだが、ミサキと親密に話す姿にだんだん嫉妬が…?
彼はミサキが吸血鬼だってちゃんとわかってるようだし、その性質も理解しているし、
その点では他の素人男とちがってクロエと同じ土俵なんだよね…。それだけに余裕が無いのかも。
ミサキも今日は別々に寝るって言い出すし、イエスノー枕のノーの方を出された旦那さんのようで
戸惑いっぷりが可愛いというか。(実際にそんな旦那見たことないけど)

なんだか落ち着かないクロエさんだが、ジョニーの相談を聞いて彼を心配しつつも一安心。
と思いきや。
「兄妹でもなければ親子でもない 
それなのにこうして一緒に生活をして――それでも恋人じゃないって言うのか!?」

なんかジョニーに盛大に勘違いされてた様子。ジョニー無意識に精神攻撃しすぎww
話の方向を変えるのが、この回のクロエの持ち技でしたね…。
ただ、答えの出ない疑問が心に残る羽目に…。

すれ違いの夜
前回の内容だけに二人の心が…!?ではなく、ホントにすれ違いだったww
〆切をほっぽり出してミサキを探しに行くのは定番ですね…心配症です。
それと、ラリーはご主人さまにも平気で嘘を吐く猫だった!意外!
ミサキを見つけてほっとするクロエさん、大げさだと呆れるミサキちゃん。

レイジに預けられたから、ミサキを吸血鬼にしてしまったから、自分はミサキに責任を感じている。
ただ、それだけでこんなに心配しているのか…?
ミサキの寝顔を見つめるクロエさんの表情が少し緩んでいるのがそうじゃないことを語っていると思うのだが…。

いつもハッピーエンド
またひょんなことからトラブルに首をつっこんじゃったミサキちゃん。
んもぅ、前も探偵クロエのまねをして痛い目に遭ったじゃないの!
いや、でも最終的にクロエさんが助けに来てくれるという絶対的確信があるから出来る冒険なのかも。

大切な関係
クロエさんは昔小説大賞の大賞をとっていただとぅ!?
有名な作家先生にまでべた褒めされるだとぉ!?そんなスゴイ作家だったのか!
ミサキに「あまり売れてない」とか「有名じゃない」とか言われるからてっきり…。
でもそれは、ミサキと一緒に暮らし始めてからの黒瀬クロエで…。

となると、やはり賢いミサキちゃんにとっては思いつめてもしょうがないわけで…。
メイさんも直接何か言ったわけじゃないんだろうけど、作家の割に思慮が足りなかったよね!
その点、クロエさんの「分かってる」にはもう口から砂糖吐くほど萌えました。
”失ったものと得たもの”…モトエさんとミサキちゃん…。天秤にかけても答えは出ない。
クロエさんがミサキに語った"答え"にハチミツ吐きました。あまぁぁぁぁあああいっ!

囚われのサイノメ
こっからミサキちゃんは置いといて。サブヒロイン・サイノメさんがピンチですよ回。
メガネクロエのチート能力が冴えわたる!
沖田さんは青さの残る良いイケメソ刑事でした。
恋愛面において全く報われないサイノメさんにもこんな慕ってくれるイケメソが!
また出たらいいなぁ彼…。新条もまだ悪事を働きそうだし。

そして探偵モードのクロエさんはかっこよすぎだと思うの!男前すぎると思うの!
チート能力だし、正直作家してるときより全然やり手…げふんげふん。

クロエの雪だるま
特別描き下ろし短編。
クロエさんのチート魔法で大雪くらい簡単に降らせられそうだと思ったが…。
でもクロエさんまじ紳士…!ミサキちゃんまじカワイイ…!><
関連記事
スポンサーサイト

| マンガ | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/531-bdd84955

PREV | PAGE-SELECT | NEXT