choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

藤崎竜「屍鬼」11巻(終)まで。

icon
icon

終わりましたね。原作読んでるんで結末はわかってたのです。
ただ、漫画の方が村人の狂気っぷりにより注目してた気がします。
原作準拠だけど、原作そのままじゃない描き方にハマるかハマらないか、
藤崎先生の絵にハマるかハマらないかが、漫画屍鬼を読む上でのポイントになるかと。
私の場合、原作で大まかな流れは覚えてるけど細かいとこはさっぱり忘れてるので
こんなもんだったっけー、的な感じで読めました←

ストーリーに関しては大体原作と同じ感想なんで割愛して。
最終巻、表紙のとおり静信の堕ちてからの逞しさが素晴らしい。強いな若御院!
てのと、尾崎先生は最後どうなったんだろう…てのが特筆すべき感想ですかね。
尾崎派としてはもっと彼に注目してくれていいのよ、という…。
もう少し村人のその後が細かく知りたかったなぁ。
でも、原作の空しさや哀しさがちゃんと残ってていい漫画でした。


P.S.通行止め絵に拍手ありがとうございました!あんなすごく古い絵に…恥ずかしい///
関連記事
スポンサーサイト

| マンガ | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/583-d7fdab43

PREV | PAGE-SELECT | NEXT