choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京極夏彦原作 志水アキ「狂骨の夢」 2巻

icon
icon
【前巻感想】京極夏彦原作 志水アキ「狂骨の夢 1」「百器徒然袋 鳴釜

<あらすじ>
小説家の関口巽は、大御所作家、宇多川崇から自身の妻についての相談を受ける。
その頃警視庁捜査一課の木場修太郎は、双子山の集団自殺事件を追っていた――。

まぁ原作は読んでるので、ひたすら志水先生の絵による具現化に感心する作業です。

と、言うことで。
前巻はほぼ教会コンビでお送りした狂骨も今回はレギュラーメンバーが出てきました。
まず目を見開くべきは京極堂の白装束姿!!!
あぁ…黒衣も良いですが白い神官姿も素敵です…!はなぢはなぢ…。
おぉう久保竣さん、葬式中なのにすみません^^;

あとはひたすらうろたえる関口君が可愛くて仕方ない。
大御所作家に会ってうろたえる関口君。
その作家に相談を持ちかけられうろたえる関口君。
その相談内容にうろたえる関口君。
その解決法に榎木津の名前を出されてうろたえる関口君…。
可愛いです。可愛いとしか言いようがない。
関連記事
スポンサーサイト

| マンガ | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/586-984809ac

PREV | PAGE-SELECT | NEXT