choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相田裕「GUNSLINGER GIRL」7~9巻。

icon
icon

古本屋に9巻までしか置いてなかった悲劇。続きが読みたくて仕方ないです。
特に10巻がトリヒル回だと言うので読みたいです…!><

さて7~9巻までのガンスリ。
6巻から参戦のペトラがレギュラーの座を奪いまくってます。


ネタバレ必至で追記。






7巻
クラエスの眼鏡。
血の通った約束が人工の肉体に条件付けまみれの義体の中の、
文字通り"血の通った部分"に生き続けていて、なんとも切ない。
にしても、クラエスは仕事する時眼鏡を外して戦うのかと思ったら
眼鏡を外さないし戦わない存在なんですね。

ロベルタ検事の護衛。
ヒルシャーさんの回想は毎回悲しいですね…。
戦う義体としてトリエラを生かさなくてはいけないヒルシャーさんの葛藤が胸を打つ。
それでも瀕死のロベルタを助けようと彼に珍しく激昂するあたりは
彼の内に秘めたアツいものを見せられてキュンとします…///

8巻
全編ペトラ×サンドロ回。
ペトラは一期生と違って思春期な娘なので指揮官との関係もなんだか大人風味。
サンドロの元カノ(語弊?)が出てきたり、彼の過去がつまびらかになったり
定番の少女漫画展開な感じで…お前ら、末永く爆発しろ!www

9巻
アンジェリカの死。
義体の礎を築いたアンジェリカ。ついにこの時が来てしまいました。
前から不調が目に見えて酷くなっていたアンジェですが、厚底ブーツとか、
それでもマルコーを守ろうとする姿が健気すぎて泣ける。
最後にマルコーの心もアンジェに戻ってきて良かったです。

死の波紋。
2期生でも希望込みで7年…そんなに短いのか…。
「ずっと先の話だ」と無理に割りきるサンドロが切ない…。
ジャンもいつになく不器用なデレを発揮するあたり、気にしているのでしょう。
より、死なせないことに躍起になるヒルシャーさんの姿もグッときます。
他の2期生がちらりと出ましたね。幸せを振りまく人間は呪われてしまえ!の子可愛いです。
関連記事
スポンサーサイト

| マンガ | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/597-ecb05b7b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT