choverica!

絵や日常をカオス風味で。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本編終了。「ゴッドハンド輝」61巻。

ううっ、いかにも最終巻な表紙じゃないですか…。
つい誰がいて誰がいないのかガン見したけど、
ゴッ輝10年の歴史の中で出てきたキャラは数知れずだよ!

ううう…ホント大団円だったよ…ゴッ輝、終わっちゃったよ…。

というか、これが最終巻じゃないんだよ!!
これが最終巻じゃないんだよ!!

5月に真の最終巻62巻が出ますのでね。
でもさ~~~62巻は番外編ですから~!本編はこれで終わりですからーーー!!
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
ゴッドハンド輝は「テルがゴッドハンドになるまでを描く漫画」じゃなかったのかー!!


ぐすんぐすん…そんな半べそ状態ですが、追記で感想。ネタバレ&長文覚悟で。



第464話「患者さんの前に」
患者さんの診断に悩む藤井先生の前にふらっと現れるテル先生…。
その何気ない姿のなんと頼もしいこと…!!成長を感じますです…。

にしても、いまさら感も否めない”テルの絶対的天運”についての解釈。
四宮もいまさら気にすることないのに…と思いますが、ゴッ輝も終わりなのでね…。
触れずに置くわけにもいかないということでしょう。
院長から示された答えはテルの医師としての姿勢。
…いや、テルそのものが医師、と言ってもいいのかも。
医師の両親の下に生まれ、事故で父を失い、己の手の中で失われる生命を感じ…。
そういうテルの一つ一つが既に医師だったのだ、という。
手形が光るってのも、テルの人生に育まれた医師魂が表出するという演出なのですねきっと。
うーん、言葉で説明するのは難しいけど。
院長はそのことを最初から感じ取っていたわけですね。

第465話「本当の戦い」
テルがヴァルハラからいなくなるかもしれない、という話に
動揺しすぎだろ四宮ー!
最近の四宮は少々暴走気味というか…テルが感染ってきてるよね…www
逆にテルの方が落ち着いているという立場逆転…。
”何も捨てないで、全部手に入れる!”というテルの貪欲さは流石ですねー。かっこいい!
でも、北見の呼び方をツッコまれたり、綾乃ちゃんとの仲をヒューヒューされたり
結局カッコよく決まらないのがテルの可愛いところなんですけど。
綾乃ちゃんのついていく宣言は破壊力抜群やでぇ…。

第466話「大いなる挑戦」
ヴァルハラ、四瑛会、そして皇システムの合同発表…。
また新しいシステムを提示してきましたねゴッ輝。
レーベンや皇版電子カルテもそうだけど、医療漫画としてリアルなとこを踏まえつつ
近未来的な技術も見せてくれるのがゴッ輝のただの医療漫画じゃないところ。
世界が広くなっていくゴッ輝にぞくぞくっとしましたね。
そしてそこから一気にテル一人に注目が集まるあたり気持ちいい高揚感!

第467話「次世代の決意」第468話「何物にも負けない」
今巻、ちょこちょこ藤井先生の真剣度を見せるシーンがありますな。嬉しい。
四宮が藤井先生の血苦手体質に気を使ってるっていう他ならぬ藤井自身からの指摘。
藤井先生が本気で成長しようとしてる事、四宮が他人に気を使える人間になったという事、
短いシーンながら良い成長を感じるじゃないですか…´∀`

それにしても、公開手術の患者さんがまさか天下航空機事故につながってくるとは…!
また新たに事故当時の物語が補間されましたね。
岡崎さんの前ですでに泣いたのなら、朱鷺子さんの前で泣いたのは事故後2度目…?
(ううーん、そうなると朱鷺子パワーのすごさがトーンダウンした気が…げふんげふん)
だが当時、幼いながらも最後まで失われゆく小さな生命に寄り添ったテルの姿は、
既に医師の片鱗が現れていたといっても過言ではないと…!(←テル贔屓目線
本当に人知れず、多くの人に支えられて生きてきたんだねぇ…うぅっ!

そしてテル綾…。綾乃ちゃんとのランチシーン和むじゃないですか…。
そのおにぎりで手術のヒントを得るテル先生まじテル先生…ww
ホントに婚前前のカップルなのかってくらいほのぼのしてるテル綾なんですが
患者の急変にはあのキビキビとした職業人っぷり!流石です…。

第469話「神に挑む」第470話「乗り越えたその先に」
クライマックスだからってのがあるだろうけど、
いきなり「神に挑むオペに…」「人類開闢以来の…」とか…
ちょっと大げさな気が…´д`;
いやっ!毎回毎回テルはそれくらい大げさな意気込みで手術してますけどね?
それが生命に対するテルの本気度なんですけどねっ?

その言葉を裏付けるかのように今回のオペ、日本国内と言わず全世界が注目…
これには背筋が興奮でぞくぞくせざるを得ない…っ!!!
まさかここでケビン・ゼッターランドが出るとは。すっかりイイ経営者になったよね…´ー`
でもって手術、心臓全摘出とか…。これはまた目立つ術式があったものだよ…。
また、それに挑むテルのがむしゃらさが出てて見てるこっちも思わず歯噛み。
四宮の「奥歯が裂けるぞ」はその時のテルを表すいいセリフだった。

第471話「真東 輝」
見開きでのキャラ大集合が圧巻でしたが。
まさかこの1話で梢の結婚式、テルのいつもの仕事ぶり、テルの結婚式、
そして4組もカップルを出すとは…!!
増ページってわけでもないのに頑張ったなぁ…!!山本先生の本気を感じました。

沖×神矢は大穴でしたねぇ…不憫キャラ沖の汚名払拭じゃないか!!
ゴッ輝は恋愛模様をほとんど描かないのでなんでこうなったかは謎ですけど、よかったねww
四宮家もなんかすごーーーーく和気あいあいとしちゃって…ホント良かった…!!
四瑛会編のドロドロドロドロドロドロしたのが長かった分、本当に嬉しいことです…!

そして、綾乃ちゃんの花嫁姿、洋式と和式両方描いてくれた山本先生まじGJ!!
羽鳥島で挙式したのは一瞬(もう島で働くのかテル…!?)と思ったけど、
島を離れられない実母への配慮ですよね…。まだまだ島勤務への道のりは遠いものと。
終始照れっぱなしのテルが実に可愛かったですねー。

その他
本編完結ということもあって、表紙めくって最初のテルの笑顔にはグッときた…´д`。
あと、作者コメと最後のカバー折り返し部分と2度も言ってますが
まだ1冊出ますからー!!
知ってるだけにこの念の入れようにちょっと笑ったwww

今回のポン!には笑わざるを得ないwww御前生きてたしwwwww(471話見開き参照)
シノサノの結婚式は洋式でしたねーしかもチャペル。かわいいなー´∀`
で、ブーケトスって独身男性に抱きつく儀式でしたっけ??
蓮の受難wwwwwその後の北見のスルースキルwwwww
惜しむらくはシノサノの結婚式も、蓮と北見のこんなギャグ展開も
本誌派は見れてないってことですよねー。
関連記事
スポンサーサイト

| ゴッ輝(KC版) | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://2jigensea.blog62.fc2.com/tb.php/643-09f86458

PREV | PAGE-SELECT | NEXT